MENU

【電子書籍比較】マンガ好き集合!電子書籍漫画をお得に読めるところはどこ?【まとめ】

電子書籍比較おススメ7選~漫画を読むなら〜
  • URLをコピーしました!

マンガ大好き!電子書籍で読む漫画最高!な人へ。
この記事は、電子書籍で漫画を読む人に向けた、お得に漫画を読む方法をまとめた記事です。

また、巷で話題の漫画でおススメな作品についても語っています。

  • 漫画は電子書籍サイトでよく読むけど、うっかりお金を使いすぎる。もっとかしこくお得に漫画を読む方法はないのか。
  • 漫画が読める電子書籍サイトが多すぎてどれがいいのか分からん。手っ取り早く誰かまとめて。
  • 無料で漫画が読める電子書籍アプリ教えて!
  • 今話題の電子書籍漫画ってどんな作品があるの?

こんな疑問を持っている人にはピッタリの記事です!
「おっ」と思ったマンガ好きのあなた!最後まで読んでくれ~!!!!!

目次

電子書籍で漫画を読むおススメサイトまとめ

「電子書籍で漫画を読む」と一口に言っても、世の中に出ているすべての漫画が電子書籍化しているわけではありませんし、単行本で読むのか・1話ずつの読み切りタイプで読むのかにもよって、おススメは変わってきます。

そこで、この記事では3つのタイプで読める電子書籍サイトの種類を選別し、それぞれのおススメを紹介します。

電子書籍おススメ3つのタイプ

  • 漫画の単行本を電子書籍で買いたい人におススメ
  • Web漫画を気軽に楽しみたい人におススメ
  • 最近話題の縦読み漫画を読みたい人におススメ

漫画の単行本を電子書籍で買いたい人におススメ7選

電子書籍比較漫画好きにオススメ7選

単行本化した漫画を電子書籍で買いたい人におススメなのは以下7つの電子書籍サイトです。

基本的に、以下おススメのサイトで一度漫画を購入したら、提供元である会社が潰れない限り漫画を保有しておくことが出来ます。

Web漫画を気軽に楽しみたい人におススメ8選

Web漫画を気軽に電子書籍で楽しみたい人におススメしたい、「この漫画アプリは絶対いれとこう!」リストをご紹介します。

ただし、注意してほしいのは、「読める期間」が限定される点です。

大体の連載作品は1週間~2週間程度無料となり、無料期間が終了したら課金しなければ読めなくなるところがほとんど。一度課金をすれば、上の電子書籍販売サイトと同様、配信企業が潰れない限り保有することは出来ます。

ただ、中にはずっと無料で提供されている作品もあり、「サイトごとに配信期間が違う」というより、「作品ごとに違う」場合が多いようです。

  • マガポケ
  • ジャンプ+
  • ガンガンオンライン
  • 漫画UP!(ブラウザ版のみ)
  • ニコニコ漫画(ニコニコ静画)
  • ComicWalker
  • サンデーうぇぶり
  • Pixiv comic

最近話題の縦読み漫画を読みたい人におススメ2選

  • ピッコマ
  • LINE漫画

電子書籍で漫画をお得に読む方法

電子書籍サイトは、運営している会社ごとにお得に読めるクーポンの発行やセールを定期的に行っています。うまく利用すれば、大変お得に漫画を読むことが出来るので、有名どころは押さえておきましょう。

みつぼし

うーん、でも結局どこがいいのかよく分からないわね?

そぞろ

じゃあ、わかりやすく、50%OFF、70%OFFの還元をしてくれる電子書籍サイトを紹介するよ!

漫画をお得に読めるおススメ方法①:クーポン割引やポイントの還元を狙う

漫画を電子書籍で読む時、電子書籍サイトのそれぞれのクーポン割引や値引きのキャンペーンなどをうまく使うと、貴方が欲しかった漫画をよりお得に手に入れることが出来ます。

各電子書籍サイトのクーポン割引については、それぞれ特徴がありますので、一覧にまとめて見ました。
基本的によくある割引やクーポンの種類は、大きく分けて3つ。

  • 新規登録時の割引クーポン
  • 季節によって実施される大型割引キャンペーン
  • 編集部がプッシュしたい作品にのみ実施される突発的な割引や無料キャンペーンなど。

まず抑えておきたいのが「新規登録時の割引クーポン」です。
始めて電子書籍サイトのアカウントを登録し、電子書籍で本を買った時に発行してくれる割引クーポンの事です。
初回しか使えないので、あんまり重視している人は少ないかもしれませんが、この初回キャンペーン、侮れない割引率になっております。

例えば、この初回割引を行ってくれる代表的な電子書籍サイトを比較してみると、大体50%割引か70%割引を行ってくれる電子書籍サイトが多いです。

そぞろ

70%割引は大きいですね!

ただし、注意しないといけないのは「何冊までその割引が適用されるか」です。

これは、一覧で見ていただいて説明した方が分かりやすいので見ていただきましょう。
まずは初回登録時、50%の割引還元をしてくれる電子書籍サイトと、70%の割引還元をしてくれる電子書籍サイトの一覧まとめ表です。

新規登録時に50%OFFの還元をしてくれる電子書籍サイト一覧

スクロールできます
BOOK★WALKERBookliveまんが王国
蔵書数*約46万冊超え約66万冊以上約1万冊以上
キャンペーンの有無最大コイン45%還元+一部作品10%還元とかのビッグキャンペーンあり新規会員登録で50%OFFクーポンプレゼント実施中毎日最大50%還元(ポイント購入還元最大30%/ポイント使用還元最大20%)
ココが良い!KADOKAWAグループが提供する電子書籍サイト
ニコニコ漫画の運営もここ
無料漫画サイト「Comic Walker」を持っているので無料で見れる漫画も豊富。
BOOK☆WALKERの本棚と連携可
ポイントサイトとの連携も可
本棚のUIが使いやすい
会員限定無料漫画が豊富にある
来店ポイントなどポイントが貯まる
タイムセールクーポンなどお得クーポンの種類が豊富
ココがダメ!ブラウザからしか書籍は買えない。蔵書数が少ない
決済方法PayPay
楽天Pay
携帯キャリア決済
クレジットカード
Paypal
Apple ID
ニコニコポイント
WebMony
Amazon Pay
メルペイ
ペイディ
Book☆Walkerコイン
コンビニ払い
図書カードNEXT
図書カードネットギフト
楽天Pay
携帯キャリア決済
クレジットカード
WebMony
モバイルSuica
Google pay
ペイディ
プリペイドカード
三省堂書店店頭決済
クレジットカード
携帯キャリア決済
PayPay
LINE PAY
Amazon Pay
Apple Pay
Webmony
対応機種iPhone/iPad
Android
ブラウザビューア
iPhone/iPad
Android
いずれも専用アプリ
ブラウザビューア
公式サイトへ
50%OFF電子書籍サイトサービスの比較①
*2018年現在の数字

新規登録時に70%OFFの還元をしてくれる電子書籍サイト一覧

スクロールできます
eBookJapanコミックシーモアDMM
蔵書数*約85万冊超え約100万冊以上約25万冊以上
キャンペーンの有無始めてログインした方には6回使える70%OFFクーポンプレゼント新規無料会員登録で70%OFFクーポンがもらえる初回限定で70%OFFクーポンを進呈(上限あり)
対象商品30~50%OFFなどのセールを定期的に実施
ココが良い!蔵書数で言えば国内最大。来店ポイント・レビューを書いて1,000ポイントを貯めれる
読み放題フル継続で30%OFFクーポンプレゼント中
対象商品100%OFFとか実質無料で読める本も
ココがダメ!50冊までしかWeb本棚に保管して置けない。蔵書数が少ない
決済方法PayPay
Yahoo!ウォレット
携帯キャリア決済
クレジットカード
BitCash
PayPay
携帯キャリア決済
LINE PAY
Apple Pay
PayPal
クレジットカード
デビットカード
プリペイド式クレジットカード
Paypal
DMMプリペイドカード
DMMポイント
対応機種IPhone/iPad
Android
Windows Mobile
ブラウザビューア
IPhone/iPad
Android
PC
ブラウザビューア
専用アプリ(5台まで)
IPhone/iPad
Android
ブラウザビューア
公式サイトへ
70%OFF電子書籍サイトサービスの比較①
*2018年現在の数字

一見、70%OFFクーポンの方がお得そうに見えますが、70%の方は上限が制限されているところが多いです。目安としては、eBookJapanの「6回まで70%OFF」ですかね。大体6~7冊までが70%OFFで買えると思っておけばOKではないでしょうか。

6冊までかー。と思った人も多いかもしれませんが、
700円の単行本×6冊の70%OFFは1,260円なので、

漫画6冊が1,000円ちょっとで買えてしまう、と思うとすごくお得ですよね?

そしてこれが、50%OFFのクーポンを設定している企業を見ると…
Bookliveさんはどうやら上限が無いようです。
(ただし、購入した金額相当に対して後日50%OFFに相当するクーポンが発行されるスタイル。)

何冊買おうが、50%OFFの還元を後からしてもらえるなら、
何十冊と単行本を出しているビッグタイトルの作品はBookliveさんで購入するのを狙ってもいいかもしれません。

漫画をお得に読める方法③ポイント還元サービスをフル活用!

電子書籍サイトには、より多くの漫画をユーザーさんに読んでもらおうと、ポイント制度を導入しているところが多いです。

上のまとめ表に上げた電子書籍サイトさんを中心に、ポイントを獲得する方法は各サイト様々。ではありますが!電子書籍サイトのポイント付与の精度は、大きく分けて4つのポイント獲得の方法があります!

  • ログイン又は時間の経過とともにポイントが貯まっていく制度
  • 新作・新人作家さんの作品を読むだけでポイントが貯まる制度
  • レビューを書いてくれたらポイントを付与してくれる制度
  • 本を買ったらその金額に応じてポイントが付く制度

このポイント制度は、「電子書籍サイト」独自のものや、出版社別で行われていたり、はたまた、編集さんが猛プッシュしたい作品に付与されていたり…と、一概に言えないので、漫画好きな人は自分が狙っていた作品がポイント付与の対象になったり割引・キャンペーンの対象になった時は遠慮なくその制度を使ってお得に漫画を手に入れてたくさん読んであげてください!

そして、「好きだな~」と思った作品は!
是非レビューを書いてあげてください!
作家さんのモチベに滅茶苦茶なります!

あなたにもポイントが入ってWinWin‼‼

漫画をお得に読める方法③レンタルでお得に読む!

「とりあえず流行に乗るためにちらっとだけ読みたい」
「また読み返しとかしないのでとりあえず中身だけ確認したい」

漫画をたくさん読んでいると、ずっと保有すること以外で一時的に作品を読んで楽しみたい瞬間ってありますよね。

そんな時におススメなのが、「漫画のレンタル」です。

  • 48時間100円~漫画レンタル可能!
  • スマホ・パソコンから閲覧可!
  • 何度も読みたい人向けに「購入」コースもある
  • 1話ごとに買い切りも出来る
みつぼし

1巻丸々買うことも、1話ごとに買うことも、レンタルするのかも、予算に合わせて選ぶことが出来るので便利です!

とりあえずお試しでレンタルしてみるのも有です!
100円足らずで48時間読めるので、たくさんの作品に触れることが出来ますね。

私的電子書籍サイトの使い方紹介

最後に、私的電子書籍サイトの使い分けについてつらつらと書いていいきます。

参考になるのかどうか分かりませんが、「私はこんな感じで電子書籍サイトを利用してますよー」という例を書いておきます。

私が使っている漫画が読める電子書籍サイトはこちら。

  • Kindle
  • Booklive ←メイン
  • DMMブックス
  • Renta!
  • ヤンジャンアプリ ←1話ごとの連載を追いたい時

以下、流れてくる広告に惹かれてついついDLした漫画アプリ

  • ジャンプ+
  • ガンガンオンライン
  • マンガUP!
  • サンデーうぇぶり
  • マガポケ
  • まんがほっと

こうやって見ると結構登録してましたね。
複数の電子書籍サイトを使っているのは、どうしても電子で読みたい漫画や本が、メインで使っているBookliveさんに無かったり、キャンペーンが魅力的だった、という理由で分散しております。

分散しちゃってますが、電子書籍用アプリは散らばらないようにしていますし、 監理さえできればストレスなく使えていいですよ。ちなみに私がBookliVeさんをメインに使っているのは、 とあるポイントサイトを経由できるから という理由です。 これに関してはこっちの記事で詳しく書いているので、興味ある人は見ていってください。

漫画家さんを応援するには電子書籍サイトより紙の漫画で買った方がよい?

好きな作家さんの作品を紙の本で買うのか、電子書籍で買うのか、結構悩むところですよね。

これに関して、漫画家をやっている知人に聞いたところ、「どっちでもいい」でした。

漫画家さんの収入は、原稿1枚当たりの原稿料と 書籍が売れた時の印税です。かつては紙の書籍の売行きが連載が続くかどうかのボーダーラインとなるため、紙で、書店で買ってほしい漫画家さんが多くいました。

ところが最近は、紙と電子での印税が変わらない、むしろ電子書籍での印税の方を高くしている編集部や出版社もあるようなのです。

最初からWeb上での連載や、小説などの原作ありきのコミカライズなどの媒体が増えたのも、多様性が増える結果となったのかもしれません。

いずれにせよ、紙での売り上げ、電子書籍での売り上げのどちらでも、漫画家や原作者への還元に繋がりますので、好きな作品・好きな作家・応援したい人がいる人は、 積極的に作品を購入して感想を世に出してあげてください。

まとめ

以上、マンガ好きへ送る、電子書籍漫画をお得に読むおススメ方法まとめでした!

大好きな漫画をたくさん読んで、推しから元気をもらいましょうね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次